虫歯

無痛で虫歯治療できますか?

無痛で虫歯治療できますか?

痛みを抑えた虫歯治療では、様々な種類の麻酔が活用されています。虫歯治療の痛みを抑えるための麻酔についてご説明します。

早期治療で虫歯の痛みを減らす

虫歯は、細菌が糖質をエサにして酸を作り出し、その酸が歯を溶かして穴をあける病気です。虫歯の穴が大きくなって歯髄(神経)に達すると、ズキズキとひどい痛みが襲ってきます。このため、虫歯は早期であればあるほど虫歯自体の痛みが少なく、痛みの少ない治療が可能になります。

虫歯の初期症状は、歯の表面のエナメル質が変色することから始まります。エナメル質には神経が通っていないため、この段階での治療は歯を削っても痛みが出ません。初期虫歯は削る必要がない場合もありますので、虫歯の初期に治療出来れば時間も費用も軽減されます。

無痛治療における麻酔の種類

虫歯がある程度進んでしまった場合に、痛みを抑えた治療の主役は麻酔です。麻酔が完全にきいた状態では痛みは感じませんが、麻酔の注射が痛い、怖いとおっしゃる患者さんもおられますので、無痛治療では麻酔自体を痛みを感じないように配慮して方法で行います。

1.表面麻酔

麻酔の注射が痛くないように、表面麻酔を行います。歯肉(歯茎)に表面麻酔薬液や軟膏、ゼリーを直接塗布する塗布麻酔法、表面麻酔用の局所丸い役を噴霧器などで吹きかける噴霧麻酔法などがあります。

しばらくすると歯茎の表面が麻痺して、局所麻酔のための注射をしても針を刺されていることを感じなくなります。

2.局所麻酔

歯の治療は局所麻酔と呼ばれる麻酔液の注射によって行います。口腔外科手術の場合は全身麻酔で行うこともありますが、虫歯やインプラントなどの殆どの歯科治療は局所麻酔で行われます。

局所麻酔で痛みを感じなくするには、局所麻酔の前にまず表面麻酔を行い、注射針を刺す場所の周辺を麻痺させます。

その後、痛みを抑えるために気をつける点は以下のようなものです。

局所麻酔の注射は、注射針を刺した時に痛みを感じないように気をつければ、その後は痛みを感じません。

粘膜の柔らかい部位では、指で粘膜をピンと張って緊張させた状態で針を入れると、針は粘膜にすっと入っていくため痛みを感じにくい注射が出来ます。このやり方で行うと表面麻酔がなくてもあまり痛みを感じません。

しかし粘膜の固い部位では、このやり方はうまくいきませんので、細い注射針でゆっくりと麻酔薬を入れていきます。

また、麻酔薬を体温近くまであらかじめ温めておくことで、体内に液体が入るのを感じなくなるため、痛みの軽減に役立ちます。

3.笑気麻酔

笑気麻酔とは?

笑気麻酔は、低濃度(30%以下)の笑気と高濃度(70%以上)の酸素を鼻から吸い込んで、酸素カプセルに入っているようなリラックスした鎮静作用を得ることが出来ます。

歯科恐怖症の方や、診療チェアに座ると異常に緊張してしまう方など、歯の治療が怖くて不安やストレスの大きい方に、局所麻酔と併用して用います。

笑気麻酔は保険適用ですので、興味のある方は歯科医院にドクターかスタッフまでお申し出ください。

4.静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、インプラントの手術によく使われます。鎮静薬を点滴によって静脈にゆっくりと入れていき、半分眠っているような状態になります。

静脈内鎮静化では感覚が鈍くなり、痛みへの不安や恐怖心をやわらげますが、全身麻酔とは違い、意識はあるので医師からの呼びかけに応じることが出来ます。

局所麻酔がきかない場合があるのはどうして?

局所麻酔がきいた後に、実際に処置をすると痛む場合があります。これは下の奥歯、上の前歯で起こりやすいのですが、いくつか理由が考えられます。

1.歯根の先端まで麻酔薬が届いていなかった

歯の麻酔では、麻酔薬が骨の中を伝わって歯根の先端部分にある神経の入り口にまで届かないとききません。そのため骨が厚い方や、歯根が長い方は麻酔がききにくいということになります。

2.治療する部位が炎症による抽出液で酸性に傾いている

それ以外では、炎症が起こっている部位は炎症による抽出液によって酸性に傾いていて麻酔薬がききにくくなります。

3.腫れが大きく痛みに敏感になっている

炎症によって大きな腫れが生じている場合は痛みに敏感になっており、麻酔がききにくくなります。

麻酔がききにくい状態で患者さんが痛みを感じることのないように、目視だけでなくレントゲンも利用して的確な部位に麻酔薬を入れることが重要です。

まとめ

笑顔の子供

麻酔を適切に使用することで、虫歯治療の痛みはかなり抑えることが可能です。

歯の治療や注射の痛みに不安が強い方は、そのことを恥ずかしいとかマイナスに取らず、歯科医やスタッフに事前にお話しいただければと思います。歯科医院では様々な患者さんに対応しておりますので、ご安心ください。

心斎橋クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック