歯科恐怖症の方へ|心斎橋クローバー歯科

06-6224-0390

歯科治療恐怖症の方へ

心斎橋クローバー歯科 home>あなたのお悩みを解決>歯科恐怖症の方へ

歯科恐怖症の方でも安心して治療が受けれるよう、当院では2種類の方法を行っています。

@笑気麻酔と、A静脈内鎮静の2つです。

1.笑気麻酔

当院では笑気麻酔という、低濃度笑気を吸いながら治療することが可能です。

笑気麻酔機器

吸入された笑気は、肺から血中に急速に溶け込み、5分以内に鎮静状態(少しぼーっとしたいい気分状態)になります。
血中からの排泄も非常に速いため、笑気の吸入濃度を変えることで鎮静の深さをコントロールします。

笑気麻酔が効いた状態になると、局所麻酔などの刺激に対して痛みはあまり感じなくなり、 時間の経過も気にならなくなるため、歯科恐怖症の方でもリラックスした状態のままで治療が受けられます。

笑気麻酔は健康保険の適用が出来ますので、歯医者が苦手の方や怖がりのお子さんはお気軽にご相談ください。

クローバー歯科の笑気麻酔の特徴

  1. 治療中の痛みが気にならない
  2. 歯を削る時の振動が気にならない
  3. リラックスしているため時間の感覚がなくなる
  4. 麻酔からさめるのが早いので少し休んだだけで歩いて帰れる


鼻に乗せていただくだけで吸入が始まります。

笑気麻酔について

Q.笑気麻酔はどんなときに使うの?
A. 歯の治療に恐怖や不安を感じている方の治療に使います。
治療を怖がっているお子さんをリラックスさせたい
治療が不可能になる程の強い緊張や不安を感じる方の治療
Q.笑気ガスを吸うとどんな感じになるの?
A.軽く酔ったような感じで気持ちのいいリラックス状態になりますので、歯科恐怖症の方でも楽に治療が受けられます。
Q.笑気麻酔は保険適用ですか?
A.はい。笑気麻酔は保険がききますので費用もご安心ください。
Q.笑気ガスには副作用はないのですか?
A.笑気ガスは体内で分解されずにそのまま排出されますので、呼吸器系、肝臓、腎臓、代謝系などに負担をかけることはありません。

2.静脈内鎮静

インプラントや親知らずの抜歯などの治療の際に、恐怖心の強い患者さんに対して行う麻酔です。

静脈に精神安定剤を点滴して眠っているような状態で治療を進めていきます。 麻酔科医が付き添い全身管理をしっかり行いますのでご安心ください。

静脈内鎮静は予約制です。保険が効きませんので費用はかかります。(¥70,000+消費税)

静脈内鎮静法
静脈内鎮静法シリンジポンプ

★笑気麻酔と、静脈内鎮静の違い

「笑気麻酔」と「静脈内沈静」は、共に歯科恐怖症の方にお勧めです。

「笑気麻酔」は、軽度の怖がりの方にぴったりです。

「静脈内鎮静」は、重度の怖がりの方に向いています。

笑気麻酔には健忘効果がありませんのでリラックスした状態になりますが治療中の記憶は残ります。静脈内鎮静には健忘効果が期待できるため、治療中の記憶はほとんど残りません。

笑気麻酔は吸入をやめるとすぐに鎮静状態から意識が回復します。静脈内鎮静は鎮静状態から回復するのに少し時間がかかります。

笑気麻酔は鼻から注入しますが、静脈内鎮静は静脈に点滴して行います。

患者さんのお話をしっかりお聞きします

歯科恐怖症の方は、今までに歯医者で嫌な思いや怖い思いをされたと思います。恐怖症とまではいかなくても、歯医者が苦手とおっしゃる方は多いのではないでしょうか。

歯医者が苦手なのは、治療が痛い、説明がないので何をされているのかわからない、高額な治療を勧められた、など様々な理由があることでしょう。

心斎橋クローバー歯科では、患者さんが嫌な思いをされないように、レントゲン撮影等の検査をもとに現在の歯がどのような状態かを患者さんにご説明し、 どのような治療をするかを示して、患者さんが理解して同意されたのを確認してから治療に入ります。


痛みには十分に配慮して治療を行いますので、ご安心くださいね。