インプラント

インプラント手術は痛いの?

インプラント手術は痛いの?

インプラント治療を受けたいけれど手術の痛みが気になる方へ、インプラント手術での痛みを抑える麻酔などの取り組みについてご説明します。

インプラント手術時の麻酔について

インプラントの手術は虫歯の治療などと同じ局所麻酔で行います。そのため術中は基本的に痛みを感じることはありません。

インプラントを1本埋入する際の身体の負担は、歯を1本抜く程度だといわれます。もちろん個人差はあります。

麻酔注射を痛みが出ないように行うためには

  1. 注射の前に歯茎に表面麻酔をするので注射の痛みを感じにくい
  2. 極細の注射針を使うので痛みが出にくい
  3. 麻酔薬は体温程度に温めておくと痛みが出にくい
  4. 麻酔薬はゆっくりと注射器で注入していく(一定の速度でゆっくりと注射できる電動の注射器もある)

麻酔が切れたあとは痛いの?

インプラント手術では歯茎を切ったり骨に穴をあけたりします。そのため麻酔が切れてから痛みや腫れが出る患者さんもおられます。
手術後、患者さんには抗生物質や痛み止めなどの薬が処方されますので、きちんと飲んでいただけば痛みは治まります。

術後2~3日たつと痛みや腫れは治まりますが、痛みや腫れが引かない場合は感染症などの疑いもあります。おかしいな?と思ったら、担当医に連絡を取って適切な判断を仰ぎましょう。

手術に対する不安や恐怖が大きい方へ

外科手術が怖いとおっしゃる方もおられます。恥ずかしがらずに初回のカウンセリングでお申し出て頂くと、効果的な麻酔の方法についてご提案が出来ます。

静脈内鎮静法

恐怖や不安を和らげてリラックスした状態で手術を受けていただくために、当院では静脈内鎮静法という点滴麻酔を行っています。

静脈内鎮静下では、うたた寝をしているような状態になります。周囲の声や音は聞こえており、医師からの声掛けにこたえることはできますが、軽く眠っている状態で、手術中のことは殆ど覚えておらず、あっという間に手術が終わったという感じになります。

静脈内鎮静法を行う際には麻酔科医が手術に立ち会い、血圧、脈拍、血中酸素濃度値を確認し全身管理モニターし、全身管理を行いながらの手術となります。高齢者や全身疾患がある方でも安心して手術を受けることができます。
(※静脈内鎮静法は別途料金がかかります。)

麻酔が効きいているのはどのくらいの時間?

局所麻酔の持続時間は2~3時間程度で、下顎より上顎の方が効きやすいです。

麻酔が効いて唇に感覚のない時は食事や間食はせずに、飲み物だけにしましょう。唇の感覚が戻ったら飲食できますが、手術当日から2日間程度はやわらかいものを食べるようにしましょう。

術後は痛いの?

インプラント手術後、数時間で麻酔はさめます。その後は痛みや腫れが起こる場合がありますので、消炎鎮痛薬(いわゆる痛み止め)を使って痛みを取り除くようにします。

消炎鎮痛薬は毎食後に飲み、大抵の消炎鎮痛薬は飲んでから30分程度で効いてきます。それだけでは痛みが取り切れない場合には頓服と呼ばれる使い方をします

まとめ

インプラント

インプラントは顎骨に人工歯根を埋め込む外科手術を行います。手術中、手術後と痛みは起こりますので、手術中は局所麻酔で痛みを取り除き、手術後は消炎鎮痛薬という痛み止めの薬を使って痛みを取り除きます。そのため、外科手術といえども痛みを感じることは少ないです。歯科恐怖症の方や不安が強い方は、静脈内鎮静法という点滴による麻酔を使って手術を行うことも出来ますので、初回のカウンセリング時にご相談頂ければと思います。

心斎橋クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック