歯が痛い、しみるのお悩みを解決|心斎橋クローバー歯科

06-6224-0390
「歯が痛い、しみる」あなたのお悩みを解決
心斎橋クローバー歯科 home>あなたのお悩みを解決>「歯が痛い、しみる」

歯が痛い・しみる症状

歯が痛いといっても色々な症状があります。うずくしみる噛んだ時だけ痛い歯ぐきが痛い甘いものを食べた時だけ痛い

まず痛みをとめます

まず大切なことは痛みをとめることです

何よりまず痛みを取り除く処置を行います。

痛みを迅速に取りますので、
どうぞ安心してご来院くださいね!

痛みの中でも歯の痛みだけは耐えられないとおっしゃる方も多いと思います。

クローバー歯科ではまず痛みを取り除く処置を行います。痛みをとることが最優先です。

1.うずく

⇒むし歯が歯の神経まで進んでいます。

むし歯の痛みのうち、うずくという段階が最もひどい状態です。歯の神経を取り除く治療をしないといけませんが、当院では神経をなるべく残すよう努力をします。

2.しみる

⇒この場合は、大きく2つの理由があります。

むし歯

ひとつは、むし歯の場合です。むし歯が軽い場合は冷たいものがしみるということがよくあります。 熱いものがしみる場合は重症のむし歯なのですが、冷たいものだけがしみる場合は比較的簡単な治療で治ります。

知覚過敏

歯ブラシが歯に触れたり歯に風が当たるだけで歯がしみるときは、知覚過敏かもしれません。

知覚過敏には以下のような原因が考えられます。
歯みがきの力が強すぎる
歯ぎしり、噛み合わせが悪い
食べ物の酸
歯のホワイトニング

3.噛んだ時だけ痛い

⇒歯の神経が死んで腐ってしまった場合は噛むと痛みが出ます。

ひどい時は歯の根っこの先の歯ぐきが腫れてくることもあります。治療法は腐った神経を取り除き、歯の内部をきれいに洗浄し、ばい菌を完全に追い出すことが重要になります。

この治療法を根管治療といいます。クローバー歯科はマイクロスコープを用いた最先端の根管治療をしておりますので、ご安心下さいね。

4.歯ぐきが痛い

⇒この場合は第一に歯周病が考えられます。

歯周病は日本人が歯を失う第一の原因ですし、重症になると歯を抜かないといけなくなるので、早めの治療をお勧めしています。

5.甘いものを食べた時だけ痛い

⇒この場合は、中くらいの大きさのむし歯が原因であることがほとんどです。

甘いものを食べた時の痛みを「甘味痛」と言って、むし歯特有の痛みです。

虫歯の程度が軽ければ削って詰めるだけで治りますが、むし歯が大きくなると神経を取らないといけなくなりますので、油断はできません。

クローバー歯科はむし歯の治療は無痛治療で行っておりますので、安心して治療をお受けくださいね。→無痛治療について、詳しくはこちらをご覧ください

虫歯は痛くないからと放っておくとどんどんひどくなりますので早めに歯医者にお越しください。

虫歯や歯周病予防のための定期健診もぜひお受けくださいね。