虫歯治療|心斎橋クローバー歯科のさわやか診療

06-6224-0390
虫歯治療

歯を大切にする虫歯治療

できるだけ痛みが少ない虫歯治療

歯を削る場合は最小限にする

できるだけ長持ちさせられるように考える

当院の虫歯治療

当院では、痛くない、出来るだけ削らない 虫歯治療を目指しています。

歯の治療が怖いとおっしゃる患者さんにも、居心地の良い明るい雰囲気でリラックスして治療を受けていただけるようにと思っています。

痛みの出にくい治療

麻酔液の温度と体温の差が大きいと刺激や痛みを感じます。それらの刺激を減らすため、当院では麻酔液の温度を体温くらいに温めています。

また痛みを感じにくいように極細の針を使用し、ゆっくりと注入しています。

出来るだけ削らない治療

虫歯の治療では殆どのケースで歯を削りますが、歯を大きく削ると歯が弱くなってしまいます。

当院では本当に悪くなってしまった部分のみを削ります。虫歯が小さい場合は削った部分をコンポジットレジン(歯科用のプラスチック)で埋め、必要以上に削らないことを心がけています。

虫歯の進行について

虫歯はその進行度によって C1 ⇒ C2 ⇒ C3 ⇒ C4 に分けられます。

一番軽い虫歯がC1で、虫歯の状態が悪化するにつれてC2、C3と数字が増えていきます。

初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が白く濁り透明感の失われた状態です。
この段階の虫歯は痛みがないため、歯科医院でないと発見できません。
多くの場合はこれだけで治療終了になります。

当院のC0:初期虫歯の治療

歯の再石灰化(再生)を促して自然治癒させます。
歯質を強くするためのフッ素塗布を行い、歯科衛生士によるメンテナンスと
歯みがき指導を受けていただきます。
多くの場合はこれだけで治療終了になります。

エナメル質の虫歯

エナメル質が溶け始めた虫歯で、痛みはありません。

当院のC1:エナメル質の虫歯の治療

COの初期虫歯と同様に歯を削らずに治療出来ます。
歯のメンテナンスと歯みがき指導を受けていただくことで、
虫歯の進行を食い止めます。

象牙質(歯の中)の虫歯

エナメル質の下の象牙質に虫歯が進行した状態です。
冷たい物や甘いものがしみたり痛んだりします。

当院のC2:象牙質の虫歯の治療

虫歯になった部分を削り、詰め物(インレー)を詰めて治療します。

神経まで進行した虫歯

歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。
温かいものがしみたり、常に痛みを感じることもあります。

当院のC3:神経まで進行した虫歯の治療

歯の神経を取り除いて被せ物(クラウン)を装着します。

歯の根まで進行した虫歯

歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。
殆どの場合、抜歯が必要になります。

当院のC4:神経まで進行した虫歯の治療

抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯の中から治療法方を選びます。

詰め物・被せ物の種類

インレー

インレーとは小さい虫歯の部分を削った後に詰めるものをいいます。

保険適用インレー(メタルインレー・銀歯)

メタルインレー・銀歯

保険適用なので安価で治療出来ますが金属アレルギーを起こすリスクがあります。

セラミックインレー

セラミックインレー

白く透明感が出せますが割れやすいという欠点があります。

クラウン

クラウンとは比較的大きい虫歯や、根っこの治療などで歯を削った後に被せるものをいいます。

保険適用クラウン(メタルクラウン・銀歯):奥歯の場合

メタルクラウン・銀歯

保険適用なので安価で治療出来ますが金属アレルギーを起こすリスクがあります。

保険適用クラウン(硬質レジン):前歯の場合

樹脂を素材にしたかぶせ物で、保険適用なので安価で治療出来ますが長年使用すると変色し、すり減ってしまうこともあります。

セラミッククラウン:前歯の場合

セラミッククラウン

より自然な色合いと形を再現することが出来ます。